情報

日本産婦人科医会が子供を産もうと考えている女性や妊娠した女性におすすめしていることは

投稿日:

赤ちゃんと母親

日本産婦人科医会や農林水産省が妊婦さんにすすめる栄養素

子供を作りたい、子供が欲しいと考える女性に農林水産省や日本産婦人科医会が呼びかけていることがあります。

農林水産省公式サイト 妊婦さんに大切なビタミン、葉酸・・・葉酸は、細胞の分化に不可欠なので、妊娠初期の胎児には特に重要です。(公式サイトより)

それは葉酸を摂ってくださいということです。

葉酸とは水溶性のビタミンでビタミンB群の一種です。

なぜ、葉酸を摂取することをすすめるのか?

というのも、赤ちゃんの病気として二分脊椎症、無脳症という病気を低減できる可能性が最近の研究でわかってきたからです。

二分脊椎症(にぶんせきつい)とは赤ちゃんの脊髄の形成に異常が発生することにより起こる先天性奇形です。このことにより、様々な神経症が発生する危険があり、重度な障害が生じます。

また、無脳症は脳の発育ができなくなる病気です。

これらの危険を避けるには葉酸を摂取することを日本産婦人科医会や農林水産省が積極的にすすめています。

特に妊娠する1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間に1日0.4mg(400μg)を摂取した方が良いとのことです。

葉酸は野菜のほうれん草の抽出物から発見された成分で、他に葉酸が多く含まれている野菜はほうれん草のほかには枝豆、ブロッコリー、モロヘイヤ、かぼちゃなどです。

野菜以外では納豆、焼きのり、たたみいわしなどになります。

これら野菜を中心とした食材を1日350グラム程度食べれば良いとされていますが、実際には毎日これらの食品を摂るのはたいへんだと思われます。

そこで手軽に葉酸を摂るためにサプリメントが推奨されています。

しかも葉酸には食材に含まれる天然葉酸とサプリメントの合成葉酸があるのですが、合成葉酸に含まれるプテロイルモノグルタミン酸が、より二分脊椎症、無脳症などの神経管閉鎖障害の予防に効果があります。

もちろん、天然葉酸に効果がないわけではないのですが、体内に吸収されにくいという欠点があるのです。

本来なら天然のものの方が良いように思われますが、こと葉酸に限ってはサプリメントの方が効果があるとのことです。

サプリメントを利用しつつ、ほうれん草などの天然葉酸で補っていった方がよいしょう。

 

ほうれん草

実は産婦人科でも葉酸のサプリメントを処方してくれるのですが、葉酸サプリメントは保険適用外になるのでドラッグストアなどで購入した方が安く手に入ると思います。

また、通信販売などでもサプリを購入できるので商品や価格を比較して購入するのもよいと思われます。

■参考サイト

【葉酸サプリ 鉄・カルシウム+】

【ベルタ葉酸サプリ】

【メルミー葉酸サプリ】

葉酸には神経管閉鎖障害の予防ほかにも様々な効果があるビタミンです。

強い抗酸化作用があるので腸内環境を整えてくれる効果があり、便秘などを解消してくれる作用もあります。

さらに女性に多い冷え性なども体の血流を良くしてくれるので貧血などのトラブル、冷え性改善にも役立ちます。

この他にも健康を維持するための多くの効果があり、意外と葉酸は必須ビタミンなのです。

なので、妊娠に関係なく葉酸を日々摂り入れていった方が良いでしょう。

 

-情報

Copyright© 役立つねのブログ , 2018 All Rights Reserved.