情報

もうすぐADSLが廃止。今のうちに光回線に切り替えよう

投稿日:

光回線

自宅でパソコンを利用している方の通信回線はADSLか光回線を利用していると思いますが、2025年に固定電話の通信回線がアナログ固定電話網からIP電話網に移行するということが政府・総務省から発表されています。

ということは、アナログ固定電話網を利用しているADSLが使えなくなるということです。

今までは、新たに光ファイバーのケーブルを引いたりしなくても、電話回線に繋げるだけで接続できる手軽さと、利用料金の安さが魅力的だったADSLが使えなくなるというのは残念なことです。

動画の視聴などには弱いといわれていたADSLですが、それでも基地局から2~3キロ以内なら問題なく動画も視聴することができていました。

そのADSLが使えなくなるということは家計的にも痛いですし、光回線に換えねばいけないという煩わしさが起こります。

しかし実際問題として利用できなくなるADSLにしがみついているわけにはいかず、この際ADSLを現在利用している人も、新規にブロードバンド環境を作ろうとしている人も光回線の導入を考えてみた方がよいと思われます。

ADSLに比べて光回線の良さは安定したスピードを常時保つことができることと、ADSLに比べて通信速度が速いということです。

光回線ならば動画も高品質の映像で観ることもできますし、高性能なゲームも余裕をもって遊ぶこともできます。

毎月の利用料金も一時のような高額ではなく、ぐっと安くなってきています。

光回線を使うには?

光回線とは電気信号を光に変えて情報を伝達するのですが、その情報は光ファイバーという材質のケーブルで有線で伝えます。

光回線は電磁波の影響を受けないので大容量のデータを長距離に渡って送ることができるので、電話回線を使うADSLより早く情報を送ることができるのです。

有線なので主に電柱や地下配線などから自宅やオフィスにケーブルを引き込んで利用します。

現在、光回線は大きく分けるとNTTの光回線、au(KDDI)光回線、NURO光を始めとする地域限定の光回線、ケーブルテレビ局による光回線に分けられます。

さらに携帯電話会社との提携による回線、プロバイダーとの提携によるものものなどに分けられます。

電話会社直接の光回線

・NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光

光回線の先駆けであるNTTのフレッツ光。東日本と西日本に別れ国内ほとんどの地域を網羅している。プロバイダー会社と提携しており実際の取り扱いはプロバイダー会社を通してインターネットと接続します。

・KDDIのauひかり

auひかりはKDDIの光回線のことであり、auというの会社名ではなく、KDDIのブランド名です。一般的にauのブランド名でテレビコマーシャルなどを流しているのでauという会社があると勘違いしている人も多いと思います。

この2つが日本における光回線のすべてであり、○○光、××光というのはこの2社から回線を借りて運用されている。つまり光の品質はすべて同じということなのでプロバイダー個々のサービス、特典などでユーザーは選ぶべきでしょう。

ユーザーはNTT東西やauから直接に光回線の契約をしてもサービス、キャッシュバック等少なくなるので携帯電話会社やプロバイダーを通して申し込んだ方がお得だと思います。

プロバイダーとは
光回線をインターネットにつなげる事業者のことです。

携帯電話会社扱いの光回線 ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光

NTTのフレッツ光やau(KDDI)の光と提携してスマホなどの利用料金が割引になったりキャッシュバックがあるのが特長です。

ドコモ、au、ソフトバンク各社のスマホを利用している人はNTTやKDDIと直接契約して加入するより携帯電話会社扱いの光回線の方がお得です。

携帯電話会社を通して加入すると安くなる光回線

ドコモ光の場合

ドコモ光は当然NTTのフレッツ光を利用しており、例えばマンションプランミニを利用した場合、フレッツ光の料金が通常4,350円、これにプロバイダー料金950円を足すと5,300円ですが、ドコモ光だと月額料金が4,000円となり1,300円安いということになります。

ドコモ光の場合

さらにスマホも一緒に利用すれば利用年数やデータ容量のパックによりますが、スマホの月額料金が最大5,700円(戸建て住宅の場合)も安くなります。

マンションタイプ(集合住宅)

ドコモ利用年数4年8年10年割引額
パケットパック月額セット割りずっとドコモ割り月額
ウルトラシェア10025,000円-3,000円-2,500円5,500円
ウルトラシェア5016,000円-2,400円-1,800円4,200円
シェアパック1512,500円-1,800円-1,200円3,000円
シェアパック109,500円-1,200円-1,000円2,200円
シェアパック56,500円-800円-800円1,600円
ウルトラLL8,000円-1,100円-800円1,900円
ウルトラL6,000円-900円-800円1,700円
データMパック5,000円-800円-800円1,600円
データSパック3,500円-500円-600円1,100円
らくらくパック2,000円-500円-600円1,100円

戸建てタイプ

ドコモ利用年数4年8年10年割引額
パケットパック
月額
セット割り
月額
ずっとドコモ割り
月額
月額
ウルトラシェアパック10025,000円-3,200円-2,500円5,700円
ウルトラシェアパック5016,000円-2,500円-1,800円4,300円
シェアパック1512,500円-1,800円-1,200円3,000円
シェアパック109,500円-1,200円-1,000円2,200円
シェアパック56,500円-800円-800円1,600円
ウルトラデータLLパック8,000円-1,100円-800円1,900円
ウルトラデータLパック6,000円-900円-800円1,700円
データMパック5,000円-800円-800円1,600円
データSパック3,500円-500円-600円1,100円
らくらくパック2,000円-500円-600円1,100円

この割引の他に、dポイントが20,000ポイント(西日本一部地域は30,000ポイント)+キャッシュバック5,000円という特典があります。

これら様々な特典と割引があるのでドコモのスマホを利用しているなら加入すべきだと思います。

もちろんドコモのスマホを利用していない人でもNTTのフレッツ光に直接加入するよりマンションタイプで1,300円も月額が安くなるのでお得には間違いありません。光回線自体はどちらもフレッツ光で回線の品質は変わりないのですから。

ドコモ光の詳細及び申し込みはこちら

auひかりの場合

もうひとつの光回線であるKDDIの回線を使うauひかり。

戸建てタイプの月額料金

組み合わせギガ得プラン
2年単位契約
ずっとギガ得プラン
3年単位契約
永年1年目2年目3年目
インターネットのみ5,200円5,100円5,000円4,900円

戸建ての料金は「ずっとギガ得プラン」の3年契約にすると料金が5,100円~4,900円まで安くなります。

マンションタイプ(集合住宅)の月額料金

タイプ月額料金
タイプV
16契約以上
3,800円
タイプV
8契約以上
4,100円
都市機構デラックス3,800円
タイプE
16契約以上
3,400円
タイプE
8契約以上
3,700円
マンションギガ4,050円
マンションミニギガ5,000円
タイプF3,900円

上の表がau光の月額基本料金で、マンションのタイプ、そのマンション内での契約数によって料金が変わってきます。単純にそのマンション、アパート内で光回線の加入者が多ければ月額の料金が安くなるということです。

また、次の表はインターネット接続と+光電話(固定のNTT電話回線をauの光電話に切り替えることになります。)またはテレビ(ひかり回線でで繋ぐテレビのこと)+auのスマホ(スマートバリュープラン)の3つをセットにするとスマホの月額料金が最大2,000円(データ容量のパックによって違いがでます。)安くなるというプランです。

例えばauのスマホを利用しているかたが、auひかり+ひかり電話に加入するとスマホまたはケータイ電話の月額料金が下記の表のように安くなります。

スマホ契約名料金割引額
データ定額30スマホ最大2年間月額2,300円
3年目以降934円
auピタッとプラン
データ容量~2GB
スマホ永年500円
auピタッとプラン
データ容量3GB~
スマホ永年1,000円
データ定額5(携帯電話)ケータイ最大2年間1,410円
3年目以降934円
LTEフラットfor Tabタブレット最大2年間1,410円
3年目以降934円
LTEフラットfor Tab Lタブレット最大2年間1,410円
3年目以降934

ひかり電話及びテレビは月額500円です。

auひかりの特典

キャッシュバックがあります。

キャッシュバック1

もうひとつの特典として下記のサイトから申し込むと上の図のようにキャッシュバックがあります。

インターネットの接続だけの注文でも戸建てなら23,000円、マンションタイプなら33,000円、これはバカにならない金額でしょう。

プラス電話も付ければさらにキャッバックが上がります。ひかり電話は従来のNTT回線の電話とほとんど変わらない上に月額基本料金も安くなるので特に問題がなければひかり電話に切り替えてもよいと思います。

auひかりの詳細及び申し込みはこちら

ソフトバンク光の場合

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光の光回線を利用しており、料金体系も上記2社と比べてわかりやすくなっています。

マンションタイプの月額料金

エリア契約プラン月額料金
東日本
西日本
2年自動更新3,800円
自動更新なし4,900円

2年の自動更新と自動更新無しでは月額1,100円の料金の差があります。そうそう光回線を変えることもないでしょうから、ここは2年自動更新を選ぶべきでしょう。

戸建てタイプの月額料金

エリア回線タイプ契約年数月額料金
東日本ファミリータイプ5年自動更新4,700円
2年自動更新5,200円
自動更新なし6,300円
ファミリーライト2年自動更新3,900円~5,600円
(従量課金24円/100MB)
自動更新なし5,500円~7,200円
従量課(24円/100MB)
西日本ファミリータイプ5年自動更新4,700円
2年自動更新5,200円
自動更新なし6,300円
ファミリーライト2年自動更新3,900円~5,600円
(従量課金24円/1--MB)
自動更新なし5,500円~7,200円(従量課金24円/100MB

戸建てタイプも自動更新の年数によって違いがでますが、表の5年自動更新はソフトバンク光テレビ(月額660円)の加入が条件になっているので特にテレビの必要がなければ2年自動更新を選んだ方が無難だと思われます。

ファミリーライトプランは従量課金制のプランで1ヶ月3GBまで使用した3,900円(2年自動更新タイプ)でそれ以降は24円/100MBで課金されていくというプランです。あまりインターネットを利用しないという人には向いているかもしれません。

おうち割 光セット

ソフトバンクでもスマホと光回線を同時に利用することでスマホの月額料金が割引されるというプランがあります。

ソフトバンク光+スマホorタブレット
データ定額定額2GB、1GBの場合500円割引
データ定額20GB、5GBの場合1,522円割引
データ定額50GBの場合1,080円割引

もちろんソフトバンク光でもキャッシュバックがあります。

パターンAは現金で28,000円をキャッシュバック。

パターンBは現金24,000円をキャッシュバック+WiFi用の無線ルータ1台という設定になっています。

ノートパソコンの利用やスマホ用にWiFiはあったら便利なので無線ルータを持っていないならパターンBの方がよいでしょう。

SoftBank光の詳細及び申し込みはこちら

地域限定の光回線

エリアが限られている地域限定の光回線というのがあります。

例えばNURO光という光回線は東京を含む関東、東海、関西の一部地域しかサービスを提供していません。この光回線はソニーネットワークコミュニケーションズというSONYの系列会社が運営しています。

そしてNURO光の特長は通信スピードの速さです。フレッツ光やauひかりの下り速度は最大速度1Gbpsですが、NURO光は世界最速の下り最大2Gbpsです。

この倍という速度はとても魅力的です。

料金としては月額4,743円で工事費は基本工事費は40,000円(キャンペーン中で無料)で利用することができます。この4,743円にプロバイダの料金も込みになっているのでシンプルな料金設定です。

このNUROが利用できる地域にお住まいなら文句なくおすすめできる光回線だと思います。

NURO光が利用できるエリア(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫)

NURO 光の詳細と申し込みはこちら

その他の地域限定光回線の扱い業者

NUROの他にも地域限定の光回線はありますが特にこれといった特長がないのであまりおすすめしません。ただ、地域に根差した企業なので応援する意味での利用はよいかもしれません。

コミュファ光(愛知県・岐阜県・三重県【伊賀市、奈張市は除く】・静岡県の戸建て住宅限定)

eo光(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県・一部地域はエリア外があります)

ピカラ光(徳島県・高知県・愛媛県・香川県・一部地域エリア外あります)

メガエッグ(山口県・鳥取県・岡山県・広島県・島根県)

BBIQ光(福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・長崎県・熊本県・宮崎県)

光コラボ(プロバイダー扱いの光回線)

NTTのフレッツ光とコラボしているプロバイダーの光回線です。通信速度や品質は同じなので各社の利用料金、キャッシュバックなどの条件で選べば良いと思われます。

・主なプロバイダー

excite

・Excite光

ocn

・OCN光

biglobe

・BIGLOBE光

nifty

・@nifty光

dmm

・DMM光

各社の詳細はこちらのページに掲載しています。

以上、光回線の回線の情報でした。やがて廃止されるADSLなら今のうちに光回線に乗り換えた方が戸惑うことなく利用できるでしょう。

インターネットやWiFi、スマホは現代人にとって必須アイテムとなってしまったのですから。

-情報

Copyright© 役立つねのブログ , 2018 All Rights Reserved.