エンターテイメント

映画・空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎を観てきたが・・・

投稿日:

空海
時間があっこともあり、急遽、映画を観に行った。
空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎
原作である夢枕獏の小説を前に読んで面白かったこともあり、興味があったからだ。
が、ひとことで言えば、つまらなかった。
まず、映画がの導入部分から空海と詩人・白楽天がなんの背景の説明もなくどんどん話が進んで行ってしまう。
僕は原作を読んでいたので、ある程度の展開はわかっていたが、原作も知らず、映画の事前情報もなく観た人は何がなんんだかわからないうちに話が進んでしまったのではなかろうか。
原作のイメージとも全然、違っていたし。
もちろん原作と映画は別物とはわかっているが。
原作の方が断トツにおもしろい。
こんな物語ではなかったぞ。(のような気がする・・・忘れてしまっが・面白かったのは間違いない。)
空海を演じた阿部翔太もいつも薄ら笑いで気持ちが悪かったし、阿部寛も安倍仲麻呂の役なんかどうなのだろう。
だいいち、安倍仲麻呂が楊貴妃に恋をしていたなんて聞いたことがない。(忘れてしまったが原作ではこういう筋だったのか?一説にはそういった伝聞があるということだが。)
冗談よしてよ、よし子さんである。
楊貴妃の中国人女優のチャン・ロンロン( 張蓉蓉)もいまいちだ。
なにしろ楊貴妃は世界3大美人(クレオパトラ、小野小町、楊貴妃)のひとりなのだから。
チャン・ロンロンはそれほどではないだろう。(完全に個人の主観です。すいません。)
日中合作で中国の名匠チェン・カイコーが監督した作品。
これ、ホントに中国でも上映されるの?
日本の高尚、空海(弘法大師)に中国の人が興味を持つの?知っているの?
って疑問があるのですけれど。
あと、もうひとつ日本で上映されているこの映画は吹き替え版のみなのだけれどどうしてだろう。
なぜ、中国語版が上映されないのだろう?
以上、あくまで個人の主観です。
大事なことなのでもう一度言います。
個人の主観です。

空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎
2018年上映
■キャスト
空海:染谷将太
白楽天:ホアン・シュアン
安倍仲麻呂:阿部寛
白玲:松坂慶子
■監督
チェン・カイコー

-エンターテイメント

Copyright© 役立つねのブログ , 2018 All Rights Reserved.